Rock Heart Garden

rockheartg.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:美術館( 9 )

ポルディ・ペッツォーリ美術館展

華麗なる貴族コレクション
e0134835_21461417.jpg
大阪あべのハルカス美術館で7月21日まで開催されています。
14日(土)、コンサートへ行く前に鑑賞しました。
ルネサンス芸術の傑作「貴婦人の肖像」、気品あふれる凛とした横顔が美しい!
この他、数々のコレクションはもちろん、典型的なアトリビュート(持ち物)など興味深くてツボでした♪

この展覧会は吉谷桂子さんのブログで知ったのですが、、、
ポルディ・ペッツォーリをデザイン化したShadeのバッグや服などが
こちらの美術館で販売されていました。

あべのハルカスは日本で一番高い高層ビルですが、
展望台へは長蛇の列なので時間がなくてあきらめました。
by rockheartgarden | 2014-06-18 21:56 | 美術館 | Comments(2)

レーピン展  ~浜松市美術館~

e0134835_18301385.jpg
ロシア国立トレチャコフ美術館所蔵のイリヤ・レーピンの作品展です。
代表的な「ヴォルガの船曳き」など民衆のありのままの姿を描く社会派の画家でした。
肖像画では、私の知っているところではムソルグスキーやトルストイなどの鬼気迫る表情を捉えています。
ロシアの社会情勢や人物の複雑な心理状況なども絵画から見て取れるようでした。
パリ留学では印象派に影響を受けて、まるでモネ?!と見間違えるような作品もありましたよ。
e0134835_1830302.jpg
美術館へ入って、まず目を奪われたのがこのお人形たちでした♪
ロシアと言えばマトリョーシカ、どの子も可愛くて見ていて飽きませんね。
e0134835_18304760.jpg
特にこのケースの中の超豪華高級マトリョーシカは素晴らしくて息を呑む美しさでした。

この作品展は1回観ただけではその重さに疲れるだけだと思いました。
幸い地元ですから、とりあえずもう1回行くつもりです。
豪華高級マトリョーシカにも逢いたいですしね、、、売れてたら残念ですが。
e0134835_1831434.jpg
ちなみに、この子たちは私のマトリョーシカです♪
実は昨日、ロシア料理の「サモワァール」でランチをして気分はロシアのままレーピン展へ行きました。
by rockheartgarden | 2012-11-25 21:43 | 美術館 | Comments(10)

マウリッツハイス美術館展

ブログアップが前後したけど、7月10日(火)上野の東京都美術館へ行きました。
e0134835_11571043.jpg
今、東京都美術館ではリニューアルを記念する展覧会が開かれています。
目的はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」ですが、その他にも世界的な名画が出品されています。
e0134835_1281973.jpg
ミッフィーの絵本の中やバンダナにフェルメール作品が描かれています。
待ち時間60分でしたが夏休みになったらこんなものではないでしょう。
思い切って行ってよかったです!

実は上野の国立西洋美術館では「ベルリン美術館展」が開催されていて
フェルメールの「真珠の首飾りの少女」が来日しています。
最初は観賞する予定でしたが疲れてしまって断念しました。。。
by rockheartgarden | 2012-07-19 12:20 | 美術館 | Comments(12)

フェルメールからのラブレター展

e0134835_1924958.jpg
10月1日(土)京都市美術館へ行きました。
16日までの展覧会です。
行ける日がこの日しかなくて、
あわただしく出かけました。

ポスター画像は「手紙を読む青衣の女」
修復後世界初公開ということです。
さらに「手紙を書く女」、「手紙を書く女と召使」も来日。
フェルメール作品の中でも重要なモチーフの「手紙」、
その中に隠されたメッセージを探りながらの鑑賞でした。

フェルメールと同時期に活躍したオランダ黄金期の
画家たちの作品も多数展示、当時のオランダの生活が
垣間見えて興味深いものでした。
by rockheartgarden | 2011-10-03 19:24 | 美術館 | Comments(0)

ルノワール 伝統と革新

e0134835_1413777.jpge0134835_1402680.jpg

大阪・中之島「国立国際美術館」にて27日まで開催。
宿泊ホテルから近いので必ず行こうと予定していた。
日曜日なのに混雑することもなく10分余りで入場。
右の「ブージヴァルのダンス」や写真は無いが「可愛いイレーヌ」など、
誰でもどこかで目にしているのではないか。

光と色彩を愛し喜びと生命を描いたルノワール。
「アネモネ」や「バラ」「花瓶の花」など静物画も多く展示されていた。
音声ガイダンスでルノワールの言葉を紹介しているのだが
印象に残ったのは、「肖像画を描く時はモデルを前にとても緊張するけど
それに比べたら花は良いよ。花を描くことは頭の休息になるよ。」

「幸福の画家」と言われるとおり、どの絵画も生き生きと美しく、穏やかでやさしい。
by rockheartgarden | 2010-06-22 21:21 | 美術館 | Comments(4)

国宝 阿修羅展!

あ~ 春の陽だまり 君を見つけたよ~♪
昨日は初夏の暑さの中、東京国立博物館 平成館へ出掛けました。
「興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展」です。
e0134835_2015046.jpg

偶然と必然の出会いと別れ~
くり返す 川の流れ 諸行無常~♪

随分前に阿修羅ファンクラブに入会し前売券を買っていたが、、、。
やっと上京! しかし予想通りの混雑ぶりで90分待ち!
e0134835_2015399.jpg

日傘を持参して大正解でした。係員が行列の間を廻って、日傘を貸し出したり、
テントでは水のサービスもありました。e0134835_20244155.jpg
入り口でファンクラブのピンバッジを受け取り中へ。
音声ガイドに従って鑑賞しながら進み、
すんなりと阿修羅の展示場へと導かれます。
Oh. 阿修羅~ Oh. 阿修羅~ 何を想う♪
360度遮るものがない阿修羅像が光の下に、、、、。
後ろ姿をしっかり拝見して参りました。
愛着と執着の虚しい叫び
くり返す 時の流れ 色即是空~♪

阿修羅像は国宝・八部衆像の1つ、他の7体は
鎧を着けているが、阿修羅像は薄布を纏っただけである。

ファンクラブ限定の音声ガイドもしっかり聞いた私です。
それにしても八部衆像を見ていると、似ている人っているものですね♪

愛の偶像(ラブアイドル) 阿修羅ファンクラブ公式ソング
作詞:みうらじゅん 作曲:高見沢俊彦 歌:ミスター阿修羅こと高見沢俊彦

by rockheartgarden | 2009-05-27 21:03 | 美術館 | Comments(12)

モネ「印象 日の出」展 ~名古屋市美術館~

e0134835_2062782.jpg
昨日はクロード・モネの有名な絵画、印象派の名前の由来となりました、
パリ・マルモッタン美術館所蔵の「印象 日の出」を観に行きました。
光の画家といわれるモネの絵画18点と、ピサロ、シスレー、ルノワールなど
全部で35点余りが展示されています。
「印象 日の出」以外は日本各地の美術館所蔵のものでした。
霧のチャリング・クロス橋の3枚の絵も印象に残っています。
モネはロンドンの霧が好きだったということです。
じっくりと見つめていると自分の気持ちが絵の中に没頭していきますね。
名画を少し身近に感じて満たされた気持ちになりました。
by rockheartgarden | 2009-01-30 20:46 | 美術館 | Comments(4)

フェルメール展

昨日は上野の東京都美術館へ行きました。

e0134835_11393286.jpg
土曜日で予想していた混雑振りで、40分待ちで入場できました。
光の天才画家とデルフトの巨匠たちと銘うって奇跡の展覧会と言われています。

e0134835_1273933.jpg
一年前に牛乳を注ぐ女を鑑賞以来、すっかりフェルメールに魅了
されてしまいました。
今回のように7枚もの作品が一堂に鑑賞できるのは、一生に一度しかない機会
ということで感動しました。本当に素晴らしかったです。

e0134835_12365581.jpg
昨日は連れの都合でトンボ帰りでしたが少し銀座に立ち寄りました。
山野楽器でCDを買って、お隣MIKIMOTOのクリスマスツリーで
都会の師走の雰囲気を感じつつ~
フェルメールの新たな魅力に感激した一日でした。
by rockheartgarden | 2008-11-16 12:56 | 美術館 | Comments(2)

絵を見るのがキライではない

名古屋高島屋のルドゥーテ展で、衝動買いしたボタニカルアートが少し前に届いた。
e0134835_1958197.jpg

コピーとわかっていても見ごたえがあるし、部屋が華やかになってうれしい。
                                                     
海外の有名な絵画が来日することがあるが、行ける所には出掛けたりして、その度に
その絵のポスターやら絵はがきを買ってしまう。。。ただのコピーなのに。
e0134835_2011270.jpg
 
これは去年五月、上野の博物館で見たレオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知。
この絵の中にある物語や絵画の技法に感動してしまう・・・のです。
e0134835_20222149.jpg

これは12月に、国立新美術館で見たオランダの画家フェルメールの、牛乳を注ぐ女。
本物のキラキラとした光と、青い色の綺麗なこと!
地元のページワンさんで額装してもらい、身近に飾って・・・自己満足!の世界です。
将来、海外でもう一度この絵画達に逢うことができたら、それは素晴らしい!
   
   
by rockheartgarden | 2008-05-29 21:01 | 美術館 | Comments(0)