Rock Heart Garden

rockheartg.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

THE ALFEE Neo Universe 2012 Flowers in My Planet

静岡市民文化会館
e0134835_1734583.jpg
先週の名古屋に続き2回目の参加。
登場シーンはわかっているのだが、、、その瞬間を見逃さないようにとステージから目が離せない。
開演前の場内は高揚感と期待感とが入り混じってその時を待っている。
登場!! ものすごい歓声だ!一気に感情があふれ出す。

わぁ~ 激ノリの人がいる!最前列高見沢氏真ん前の男性に目は釘づけ♪
彼は最初から最後までダイナミックな振りで他を圧倒した。
「Masquerade Love」や「暁のパラダイスロード」など「わぁ~おっー!」と場内も1曲ごとに反応。
ウルトラセブンギターは「SWEAT&TEARS」でした!名古屋のレポでは勘違いしていたよ、、、。
10分間の休憩に流れた「ブルーシャトウ」を聴いて、ブルコメ一筋だった自分を懐かしく思い返した。

高見沢氏曰く、静岡はすごいね!今までで1番のノリだよ♪ 
ソロの時もみんな頭振ってたし~ と、<静岡最高!>と何回も叫んでいた。
そして念願のウナギの白焼きを食したそうだ。

スタッフが見せてくれたという日経夕刊に掲載されたコラムを読んで、
「アルフィーの真髄を言い表しているよね、こんなふうに書かれると嬉しいね♪」
「コンサートはもうライフワークだよ、お互いによ~!」 ←この言い方が面白い。

「夕なぎ」の<東京へは明日発ちます~>、このフレーズには70年代が詰まっている(自分にとって)。
坂崎氏のマーチンが素晴らしいのは言うまでもないが、高見沢氏の間奏後奏には泣かされるのだ。
夏のイベントでセットリストに入らなかったリクエスト曲「TIME AND TIDE」
あぁ、、、あの時代が心の深いところに響いてくる。

PS、 これからのコンサートのあり方というか、方向性を模索しているように感じられた。
10分間の休憩やアンケート紙、そういえば坂崎氏が「今日初めての人?」って聞かなかったよね、、、。

e0134835_21142020.jpg
左側、Final Series仕様のツアートラック。
次回は12月29日大阪城ホール参加予定。
by rockheartgarden | 2012-10-28 21:45 | コンサート